山奥に佇む駅

道の駅あいおい。国道240号線沿いにあり、釧路から2時間ほどで到着します。先日、北見に行く途中、立ち寄ってみると、夏の夕方の良い雰囲気で、しばし休憩し、また車を走らせました。

道の駅のすぐ横には白樺の木に隠れるように旧相生線の北見相生駅があります。そこにはいろいろな車両が保存されており、間近で観察する事ができます。

現在はライダーハウスとして活用しているらしく、詳細は分からないのですが、実際に車両の中で寝泊まりができるようです。

ワムにトラ、6170レや8866レによくくっついていたのが懐かしく思います。ワムはともかく、トラはいつの間にか姿を消してしまいましたね…。

北見相生駅に保存されている車両たちです。屋外に展示されているので、ボロボロな部分が多いですが、貴重な車両ばかりなので、保存されているだけでも有難いです。

DD14のようにこういう機械チックな車両、自分はわりと好きです。キ700が走っている姿、なかなか想像できません。

気動車や機関車が保存されている場所は多々ありますが、貨車がこういった形で保存されているのはあまりないですよね。

夢中になって撮影していると、段々と涼しくなってきたので、せっせと撤収し、北見へと向かいました。またいつかタイミング合えば寄りたいと思います。

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
「浅葱道日記@ときどき陸送」から移転

キャメラはCanon EOS6D
貨物列車を撮影したり、陸送を追っかけたり、船を撮ったり、

駅の時計
鉄道的電光掲示板
 当ブログは不定期更新です。 また、女性専用車はございません。  予めご了承ください。
近況コメント (12/22 up)
Finetoday
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
飛花落葉

マウスで見る方向変えられます

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる